2006年01月28日

『林家』大盛りカツ丼



■昔ながらの大衆食堂


外観


 前々回の記事で、マジメにやっている店を紹介したワケだが、今回もそんな店を紹介したい。その店は『林家』。大久保通りの交番のスグそばにある店で、この界隈でもかなり老舗の店だ。外観からも分かると思うが、昔ながらの大衆食堂といった感じ。だが、のれんには『軽飲食』とある。


 実際、メニューには『あんみつ』や『あべ川』、『ところてん』、『クリームソーダ』などがある。ご飯だけでなく、ちょっとした甘味処としても使える。


のれん


 のれんはマメに洗濯されているのか、いつもピシッとしていて、そして汚れなど微塵も無い白さを保っている。この辺からも、同店のマジメさが伺える。

続きを読む
posted by マサト at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本料理

2006年01月23日

『セレブレ』韓流グッズ屋



■蜘蛛の巣の如く…


 3〜4年ぐらい前から一気に火が点いて、今ではすっかり定着した感のある韓流ブーム。いつの頃からか、大久保ではそんな韓流を代表するスターたちのグッズを扱う店が増えてきた。ついこないだまでは韓国系の美容室だったのに、いつの間にかグッズ屋に変わってたり、韓国料理屋の店先でグッズを扱い始めたかと思うと、もう料理屋なのかグッズ屋なのか分からない店になってたり。とにもかくにも、グッズ屋の嵐である。


 韓国の音楽CDや書籍などを扱う、韓流グッズのパイオニア…かどうかは分からないが、職安通りにあった『コリアプラザ』などは、去年に同じ職安通りでリニューアルオープンを果たしている。『コリぷらカフェ』という店名で、ゴージャス感溢れる店内レイアウトに豊富な品揃え、そしてカフェも経営してみたりと、大忙しの大繁盛だ。よほど儲かるんだろうなぁ。

続きを読む
posted by マサト at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 韓国いろいろ

2006年01月15日

マジメにやってるなぁ



■知る人ぞ知る、寿司の穴場店!


 大久保にある今の職場で働き初めて、もう4年経つ。当初はとにかく、大久保といえば韓国料理店のイメージが強かった。だが、色々見回してみると、韓国料理屋以外にも、気になる店が見えてきた。大久保は、タイ料理、マレー料理、中華料理などなど、各国エスニック料理の店も豊富。なかでも、日本の料理店は老舗が多く、利益ばかりを追求した韓国料理店とは違い、真面目にコツコツ営業している店が目立つ。


 特にオススメしたいのが、大久保通りにある『扇寿司』。『味咲』という韓国料理店の隣りで、ひっそり営業している。ひっそりとは言っても、店はそんなつもりは無いのだろう。だが、『とにかく派手に! とにかく色を使って! 何としても目立て!』の店が多い大久保通りの中では、同店の外観は地味だ。何というか、怪しい…。そんなワケで、私のこの店に対する印象は、最初はあまりよくなかった。

続きを読む
posted by マサト at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日本料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。